千葉県の都市部では葬儀の費用もかさみます。

地方の葬儀と比較して高額になるのは、斎場にかかる費用が高めなのと、参列者にふるまう食事代や香典返しの金額がかかるからと言われています。

◇千葉の葬儀に関しては、こちらのサイト様(URL:http://restaurantesenantofagasta.com/)でも取り扱っておられます。

千葉県と言っても広いので、エリアによってかかるコストには差が出てきます。

平成22年の日本消費者協会の調査によれば、葬儀にかかる全国平均コストは199万9千円ということになっています。

この金額は、仏式の葬儀に100人の参列者がいることを想定されていて、通夜振る舞いと言われる飲食の提供があるケースです。

仏式なので、寺院へのお布施と、香典返しは別途必要になります。

千葉県の葬儀にかかる費用は平均すると、葬儀そのものにかかる費用は全国平均より若干安いものの、参列者にふるまう度合いが高く、全国平均より高額になるということになります。

関東エリアで見れば、東京都、神奈川県、埼玉県は全国でも高額になっています。

一方で千葉県、栃木県、茨城県、群馬県は比較的安価に葬儀を執り行うエリアとされています。

北関東の標準と千葉県の標準は、葬儀にかかるコストでは同程度となります。

冠婚葬祭に関する意識は年代や宗旨宗派、お住まいのエリアでも大きく変わってきます。

千葉県も広いので、葬儀の際にわからないことがあるなら、葬儀社や菩提寺確認をとりながら執り行うことが大切でしょう。

多様化する葬儀ですから、事前に家族でどんな送り方が理想なのか、話し合えるようにしておくのが理想です。