生コラーゲンって何?

コラーゲンがお肌に良いことは誰もがよく知っていることですが、最近ちらほら聞かれる様になってきたのが、生コラーゲン。

生コラーゲンって一体なんでしょうか?

普通のコラーゲンとの違いはなんでしょうか?

まず、一番大きな違いというのは、それぞれを構成するペプチドの構造が異なります。

ペプチドとはアミノ酸が決められた順に繋がっている分子の系統群のことをいいます。

生コラーゲンのペプチドの構造は3重らせん構造になっていますが、生ではないコラーゲンは、加熱されることでその3重らせん構造が壊れてしまっています。

3重らせん構造が壊れたコラーゲンはゼラチンとなるので、コラーゲン配合というスキンケア商品に含まれているのはゼラチンということになります。

3重らせん構造の生コラーゲンは人の肌にあるコラーゲンと非常に構造が似ていて、高度な保水力を持っています。

皮膚組織と似ているので人の細胞ととても相性が良く、肌に取り込むと角層の奥までしっかり潤いを届けることができることから、スキンケア商品に用いられる様になってきました。

コラーゲンに比べると、高い保湿力で、シワや乾燥、くすみなどの肌の悩みを改善し、ふっくらキメの整った肌作りをすることができます。

生コラーゲンはスキンケア商品だけではなく健康食品などの分野でも生コラーゲンを含むものなどが増えている様です。

生コラーゲンというのは、非加熱のコラーゲンで、人の肌にあるコラーゲンと似ている3重らせん構造で高い保湿力をもつことから、化粧品、健康食品の分野で注目されています。