結婚式でご祝儀をあてにして全体の費用を考えるカップルはいませんが、葬儀でお香典をあてにして準備をすることもありません。

葬儀は行わないという選択もありますが、あらかじめどの程度の人が参列することが想像できるなら、それに伴って葬儀の規模や価格を予想しておくことはできます。

とはいえ、葬儀にはあらかじめある程度予測できるコストと、予測しにくいコストというものがあります。

千葉まで足を運んでくれた弔問客に対しての準備だけでなく、お寺や僧侶に支払うお布施などもあります。

お香典は、どうしても足りないとなった時に親族や近所の方の暖かいお気持ちから支払うためのものです。

つまり、お香典で葬儀が出せるということはありません。

良く、大規模な葬儀を行うことでかかる費用を考えると、小さい葬儀を行う方がお金がかからないという考え方があります。

家族葬などは身近な人だけが参列します。

お香典も香典返しもそれほど考えないで済むということで、人気が出ています。

千葉である程度の規模の葬儀を行い、いただいた香典に香典返しの手配をしても、葬儀費用に充てることができて総費用で考えて負担は軽く済んだというケースがある一方、小さいお葬式にこだわりすぎたあまり、全額自己負担になって負担が重くなったというケースもあります。

葬儀の規模を決定するのは葬家の意向だけでなく、故人の社会的な地位やつながり、親族の数や要望も大きく左右します。

葬儀の費用だけで単純に決められないことも多いものです。