弔問客として葬儀に出かける際、お悔やみの言葉を短く準備していくと、受付の際などもスムーズです。

千葉の会場へ出向く前に、どのような言葉をかけるか事前に準備しておきましょう。

葬家の負担にならないように、長いものを避けます。

失礼にならないように、葬儀の席にそぐわない言葉も調べておきましょう。

忌み言葉として使わないように心がけるのは、重ね言葉と言われるものです。

「つづく」「重ねる」「苦しむ」などはわかりますが「なお」「おって」なども同様に使わないように心がけます。

一度言うべきフレーズを書きだしてから、失礼にあたる言葉がないように確認しましょう。

無意識のうちに使ってしまう言葉というのが誰でもあるものです。

直接的な言葉遣いも忌み言葉のひとつです。

葬儀の席で、死んだ、死亡、生きている時、などの言葉遣いは禁物です。

亡くなられた、ご逝去、生前は、などの言葉を選ぶことが常識です。

葬儀の際に使う言葉は、宗旨でも変わります。

成仏や天寿を全うという言葉は仏教ではひんぱんに使われますが、神道やキリスト教徒を前に使う言葉ではありません。

葬儀がどの宗旨で執り行われるかを理解しないで現地に出かけることのないようにしたいものです。

千葉の会場の場所を確認するのと同時に聞いておきましょう。

通夜や葬儀であいさつを述べる場合には、生前に故人にお世話になり、感謝していることを手短にまとめておくと、心のこもった暖かい印象になります。

言葉遣いに気を配ることは、最低限のマナーです。

〔参考リンク〕お悔やみの言葉・挨拶