千葉の葬儀が終わってから、葬儀社の請求書を見て驚いてしまったという経験がある人もいます。

葬儀は一生で何度も出すものではないですし、身近な人が亡くなるまでは、自分が喪主になることもそうそうありません。

いきなり訪れた身内の不幸に驚き、悲しみにくれているところに、葬儀の準備をしなければならないので、多くの人は準備のないまま、流れ作業のように葬儀を執り行うことが多いのも事実です。

葬儀社が出す見積書の内訳には、金額に含まれるものと含まれないものがあります。

葬儀を進行する上では、葬儀社が先に建て替えて進めていく部分もあり、最後の精算の段になって初めて全額がわかるようになっています。

あらかじめ、このくらいの金額が別途かかるという説明を丁寧に受ければ、いきなりの高額請求に納得がいかないと感じることも少なくないのかもしれませんが、気持ちが動転している時には、説明されても理解できないこともあります。

問題は、葬儀の費用の見積もりを、葬儀一式と勘違いしてしまう人が多いという点にあります。

実費として建て替えられる費用が必ず上乗せされるため、最初に提示される金額で葬儀が終わるということはほぼないという認識がないのでもめごとに発展してしまうのです。

実費ですから、葬儀社が儲けを出そうと画策しているわけではないのですが、当初の見積もりより高額になることで、不信感につながるケースも少なくありません。

契約をする前に、それなりの説明があってしかるべきなのは大前提として、まずは最低の知識として、葬儀は終わってから実費分を上乗せした金額の請求書がくるものであると知ることが大切です。

千葉で、葬儀屋の系列以外の式場を使用した場合の使用料金、火葬にかかる料金、通夜振る舞いなどの飲食費用と香典返しで人数が増えた部分、寺院へのお布施、その他の心づけとしてお支払する分の費用は実費として請求がされます。